セックスレスの原因となっている「体」と「心」の問題を見直そう!

セックスレスの原因となっている「体」と「心」の問題を見直そう!

問題を見直そう!
日本人カップルの約4割が抱えているといわれるセックスレス問題。しかも中高年層にとどまらず、20~30代の若い世代も例外ではありません。
セックスレスの原因となるのは、多くの場合「体」と「心」のどちらか、もしくは両方に何らかの問題があるからだと思われます。自分の原因とぜひ向き合い、克服していきましょう。

セックスレスの原因

  • セックスレスの原因

    ◆セックスレスは夫婦関係の崩壊に!

    セックスレスの弊害はたくさんありますが、その1つがパートナーとの不和です。

    表面上はセックスレスに甘んじていても、ひそかに悩んでいる人は大勢います。自分を拒絶した相手に根深い恨みを抱きつづける人もいるでしょう。その結果、外での浮気に発展するケースも少なくありません。

    もちろんセックスがなくても精神的に通じ合い、十分に満たされているカップルもいます。しかし男性女性ともに同じ気持ちなら問題ないのですが、実は満足しているのは自分だけで、相手はまだ性欲を失ったわけではないという場合も実際多いものです。

    そうなると相手に我慢させていることになり、本当に健全な関係だとはいえなくなります。つまりセックスレスの問題は体だけではなく、心が重なり合わないことにもつながるといえるでしょう。

    また若い世代なら、子作りができないという問題も出てきます。中には新婚の時点から深刻なセックスレスに悩む人も多いのです。そうなると必然的に子どもを授かることができなくなり、人生そのものに影響を与えます。

    いずれにしても、どちらか一方が相手の気持ちを無視する、というところにセックスレスの大きな問題があると考えられるでしょう。

  • 健康な心身あってのもの

    ◆充実した性生活は、健康な心身あってのもの

    とはいえ、中にはセックスレスに至らざるを得ないシビアな原因が存在していることもあります。

    まず男性の体がうまく機能しない場合です。いわゆるEDですが、この症状がある場合はセックスレスを責め立てたところでどうにもなりません。むしろパートナーからダメ出しされることで、ますます症状が悪化してしまうでしょう。
    ただし本人がきちんと向き合えば、今はバイアグラをはじめとするすぐれた治療薬を活用することができます。

    他にも年々増えつづけている糖尿病など、勃起機能を阻害する病気は複数あります。実はEDが他の疾患の前触れとして現れるケースも少なくないのです。
    ですから放置せず、やはり本人が治療に向けて一歩を踏み出すことが大切になります。
    参考サイト⇒EDと生活習慣病|竹越院長コラム|ED は病状のおおまかな指標になりえます

    また性行為にはメンタルな部分も深く関わってきますので、男女ともに相手と関係を持ちたくない理由について一度しっかり考える必要があるでしょう。もちろんうつ病など精神の病気が隠されているケースもあります。

    心身ともに健康でいてこそ、充実した性生活は実現するもの。ぜひ自分の問題と向き合い、セックスレスを解決してみませんか?