HOME < 子どもが生まれてからのセックスレス < 産後の女性が気をつけたいこと

産後の女性が気をつけたいこと

産後の女性は、確かにホルモンの作用などによって一時的に性欲が減退するようにできています。そこには「育児に専念しやすくする」「すぐに次の子が生まれないようにする」という生物学的な意味合いもあり、正常な現象なのです。

しかしこの時期の女性は本能丸出しになりやすいことから、セックスを求めてくる夫を邪険に追い払ってしまいがちでもあります。後々の夫婦関係にヒビを入れないためには、女性側も最低限の思いやりを持つことが大切でしょう。

◆産後、動物的になりすぎるのは危険!?

産後のセックスレスはともかく、その後いつまでも男女の関係が復活しない夫婦もたくさんいます。その理由として、「妻に何度も拒絶された夫の怒りや悲しみ」がひそんでいるケースも多いものです。

男性は、女性ほど出産に関わることができません。つわりも産みの苦しみも、妻と一緒に味わいたくてもそうできないのが男性です。 また産後も「母と子の蜜月」に加わることができず、1人寂しい思いをしたりします。

しかもこの時期の女性は、子を守るために非常に動物的になっています。夫ですら汚らわしい存在に感じ、シッシッと追いやってしまうこともあるほどです。 「出産前はあんなにラブラブだったのに、この変化はどうしたことか」と本人ですら不思議に思うことがあるでしょう。

すべては本能からくるものなのですが、しかし人間には理性があることも忘れてはいけません。いくら出産や育児が大変だからといっても、夫に必要以上に冷たくあたってしまっては、心が離れてしまうのも仕方ないでしょう。

ですからセックスを断るにしても、「それどころじゃないって、見て分からない!?」とキレてはいけません。「ごめんね、今は疲れているの。もう少し元気になるまで待ってね」という思いやりのある姿勢が大切なのです。

◆大変なのは男女とも同じであることを理解しよう

実際、男性は女性が考える以上に繊細な生き物です。たとえ産後で気が立っていたとしても、妻からむげに拒絶された経験は心に深い傷を残し、それ以降誘えなくなってしまうこともあります。

ですからいつまでも夫と仲良しでいたいという気持ちさえあるなら、出産前後は少し気をつけたほうがいいでしょう。もちろんムリに求めに応じる必要はありませんが、女性らしい優しさはどこかに残しておきたいものです。

一番いけないのは「私はこんなに大変なんだから!」という姿勢です。確かに出産や育児の負担は女性のほうに重くのしかかってきますが、そのぶん子どもとの結束が強まるのも女性なのですから、結局は一長一短です。

一方、のけ者にされるわりにずっと働いて妻子を食べさせなくてはいけない男性には、孤独や悲哀があります。そう考えてみれば、自然といたわりの気持ちも湧いてくるのではないでしょうか? 気づけばセックスレスが慢性化していた、ということにならないためにも、できるだけ夫に向き合う時間も作るようにしましょう。