HOME < 男性側の問題~セックスレス < かくれEDに要注意!?

かくれEDに要注意!?

セックスレスの原因はさまざまにありますが、男性側のEDが原因という場合も少なくありません。

EDの疑いがあるとされる男性は、成人男性の4人に1人とも言われ、日本人のかくれた国民病と称されることもあるなど、決して珍しい症状ではなくなっています。
しかし、EDの治療を積極的に行う男性はまだまだ少なく、親しい人にさえ内緒にしている男性がほとんどであると考えられています。

EDは、男性にとっては自分の存在そのものに関わるような大問題です。自分がEDであると認めることは、自分は何の価値もない人間だと認めることに等しいくらいのショックがあり、誰かにバレることを極端に恐れます。
このため、親しい友人はおろか、パートナーにさえ隠そうとする男性も多いのです。
しかし、このことが男女間の悲劇の原因となる場合も多くなっています。

◆EDがもたらす悲劇

「もしかしたらEDかも」という疑いがあっても、ほとんどの男性はそれを積極的に改善しようとしません。「今回はちょっと調子が悪かっただけだから」などと自分を慰め、できるだけ問題を先延ばしにしようとするのです。
バレるかもしれないという恐怖から、セックスそのものから目を背け、パートナーから誘われても「疲れている」「そんな気分じゃない」などと、誘いを断ることが多くなるのです。
しかし、このことで相手がどのように思うかまでは、想像力が働かない人がほとんどです。
誘いを断られ続けた女性側は、自分に問題があるのではないか、と、自分自身を責めるようになります。
自分の容姿が崩れてきているせいか、自分の態度が相手を怒らせたのではないか、自分より魅力的な相手と浮気をしているせいではないか、などとどんどん自分を追い込み、みじめな気持ちになるのです。
やがては、相手に求めることもなくなり、すっかり自信喪失し、暗く鬱々とした毎日を送ることにもなりかねません。
女性側には何の落ち度もないのに、男性が自分のコケンを大事にするあまりに女性を不幸にしているとすれば、非常に卑怯で無責任と言わざるを得ません。
少なくともパートナーにだけは、自分の症状を打ち明けることが大切です。

◆女性にとってEDとは

ほとんどの女性は、男性のEDに対して寛容です。
男性が思うほど、女性は男性のEDを気にしない場合が多いようです。
むしろ、自分の落ち度ではないと分かり、安堵する人の方が多いようです。
一般に、女性は男性ほどフィニッシュにこだわりませんので、中折れでも構わない、という人も多いようです。
さらに、EDの改善に向けても積極的に手助けをしてくれるようになりますが、これも「男性のために」という側面が大きく、自分自身の欲求不満の解消のためではない場合が多くなっています。
バイアグラを初めとするED治療薬はやや高めですので、治療にはパートナーの理解を得ることが大切です。

◆セックスレス予防のために

EDの治療は驚くほど簡単で、しかも高い効果が期待できます。治療した人の多くが「もっと早く行けばよかった」と答え、治療に満足している人が圧倒的多数となっています。
ほんの少し勇気を出して治療開始するのと、コケンを気にして治療しないのとでは、その後の生活の質は大きく違ってきます。
少しでも疑いがあるのであれば、早めに対処すると良いでしょう。