HOME < セックスレスのメカニズム < 男性の精神的メカニズム

出産後の妻を抱えた男性の精神的メカニズムについて

子供が生まれることは喜ばしいことなのに、妻の妊娠、出産をきっかけにセックスレスの悩みが増加する傾向があります。このときの男性の精神的メカニズムはどうなっているのでしょうか。それをハッキリさせることがセックスレス解消に繋がるかもしれません。

◆妻の妊娠・出産後、夫の男としての心理とは

天からの授かり物、コウノトリの贈り物などと例えて言われることが多い妊娠、出産。子宝という言葉が昔からあるように、夫婦にとって子供に恵まれることはとてもありがたいことです。妊娠中も出産後もお腹の子供のことで頭がいっぱいというお父さん、お母さんも多いですが、無事に生まれてきて、すくすくと健やかに育つことを願うばかりではないでしょうか。

お父さんには父性が、お母さんには母性が芽生え、たっぷりの愛情を注いでもらい子供は育っていきます。なんとも微笑ましい光景ですが、その反面、実はセックスレスで悩んでいるという夫婦は少なくありません。一時的なものなら問題ないのかもしれませんが、妊娠、出産をきっかけに実は何年もご無沙汰という夫婦は案外多いのです。

妊娠中も出産後も女性の体はダメージを受けていて大変ということは頭の中で理解しているはずなのに、性欲はそれとは関係なく沸いてくるため、その性欲をどうやって解消したらいいか悩みの種ですね。以前と同じように妻を誘っても、もしも「疲れているから」とか「今は無理」などと断られたら大きく傷ついてしまいますよね。そのため、アダルトビデオなどで性欲を処理して一時的にしのぐという男性もいます。このことがきっかけで精神的に落ち込み、セックスレス夫婦へと加速していくこともあるので注意が必要です。

◆妻の妊娠中・出産後に浮気に走りやすい男性

子育てに奮闘中の妻を横目に、性欲をどうしたらいいか悩む夫。このとき、妻に対してセックスレスになってしまったのに、浮気相手には体が反応するというケースが少なからずあるようです。自分を男として見てくれる女性が目の前に現れて、ちょっと甘い言葉で誘われたらフラフラしてしまうかもしれませんね。妻を大事に思うことが裏目になって他の女性に目がくらんでしまった、もちろんこれが正しい行動とは言えません。浮気はパートナーに対する裏切りですから、絶対にダメです。

妊娠や出産は男性が思っている以上に体のダメージが大きく、それが回復するには時間がかかります。仕方のないことではありますが、まったく体に触れないというのはセックスレスに一直線なので、セックスそのものではなくとも、例えばマッサージをして体を触れ合うとか、子供が寝ている間に一緒にソファに座って腕を組みながら一緒にDVDを見るなど、夫だから気付くことができる夫婦のふれあいを実践してみてください。妻本人が妊娠前と同じように「自分は女として夫に大事にされている」と毎日意識していれば、体のダメージが回復した後、スムーズに自然な流れで体を重ねあうことが可能になることでしょう。

大切な子供が無事に生まれて育っているのに、その反面、夫婦の性生活が破綻したのではショックが大きいですね。何もしなければ状況は悪化します。夫なりに妻を労わる時間、その気持ちを伝える雰囲気作りを工夫する心の余裕を持つことが大切です。